home / 住生活向上 / 暮らしのテクニック / プロが教える暮らし術

住生活向上

  • topics
  • 住まい探し
  • 社宅生活

暮らしのテクニック

住生活向上委員会

2018年4月号

引っ越しサービス 後編

いざというときも困らない
お役立ち引っ越しノウハウ

新しい生活が始まるこの季節は、引っ越しの多い時期でもあります。
もちろん今でなくても、いつかは通る道ではないでしょうか?
そこで今回は、見積もりの取り方から梱包(こんぽう)テクニックまで、知っておくと役に立つノウハウをサカイ引越センターの本間さんにお伺いしました。

[サカイ引越センター]●三芳支社 班長 本間哲さん

知っておくと便利荷造りのコツ

引っ越しの運送はプロにお願いするにしても「梱包は自分で」という方が多いと思います。割れやすい食器などは新聞紙で包む…というくらいは基本としてご存じかもしれませんが、もう1ランク上のテクニックを知っていれば、いざというときに役に立ちます。

 ちなみに食器、特にお皿類は一番気になりますね。これは段ボールに「縦に入れる」というのがポイントです。こうすることで、重ねた場合に底にかかる重さを軽減できますし、運送時の揺れによる破損の可能性を減らせます。また、搬入時に混乱しないよう、段ボールには部屋名と中身を忘れずに書いておきましょう。電化製品は取り付け時に工事が必要なものがあります。エアコンや食洗機などは専門業者を事前に手配しておきます。パソコン類やAV機器は配線が多いので、事前にケーブルと接続口をメモしておくと取り付け時にスムーズです。

 そして、一番気を付けたいのは「普段使わないものから荷造りする」ということです。引っ越しの準備はたいてい数日かかります。引っ越し前に日常使っているものを梱包してしまうと不便です。本やシーズンオフの衣類、普段使わない衣類や押し入れの奥にしまってあるものなどから手を着けるようにしましょう。

・お皿は立てて入れる

割れやすいお皿類は立てて段ボールにしまいます。重ねた場合の重さや、運送時の揺れから守るためです。

・重いものは小さな箱に

本などは量が多いとかなりの重さになります。重くなるものは小さな箱に詰めると持ち運びがスムーズです。

・段ボールの底は井型に組まない

段ボールの底辺を井型に組まないようにしてください。一見頑丈に見えますが、中身が重いと底が抜けてしまいます。

・ガムテープは十字に貼る

ガムテープは合わせ目だけではなく、十字に貼ると強度が出ます。また、トラックの荷台に載せるときに滑りづらくなるので、段ボールのサイドにはガムテープを貼らないようにしましょう。

*

ページトップへ戻る

 

取材協力:(株)サカイ引越センター

業界最大手の引っ越し専門会社。創業46年の歴史があり、そのネットワークは全国に広がる。北海道から沖縄まで187支社があり、3036台のさまざまなタイプの自社車両も保有する。地元密着型だからこそできるきめ細やかなサービスが特徴。また独自の研修センターを持ち、5400人以上の社員教育に力を入れており、安心と信頼の実績を誇っている。

基本料金(車両費+人件費)の20%割引(3月15日〜4月10日を除く)

「Living Service ホームページ」→「住生活向上」→「引越し」→「(株)サカイ引越センター」

優待ページへ

プロが教える「暮らし術」バックナンバーはこちらから

ログイン

ID、パスワードをお持ちの方はこちら

会員登録はこちら

News & キャンペーン

ホームプロ

大和エステート介護総合窓口

住生活